CANDLES

CANDLES


Double Beta Decay Experiment

FY2013

26 Feb. 2014  The construction of the cooling system

(in Japanese)
2014年02月26日、冷却システム導入工事が一段落しました。

今回導入するシステムは、 CANDLESを摂氏3度の環境におくために実験室全体を冷却する装置です。 そのために、 CANDLES実験室には、冷風機・冷水機などが設置されました。 また、CANDLES実験室の隣の部屋(前室、後室)には、 断熱材を吹き付け、また、断熱板を取り付けることで、冷却効率を高めています。 02月26日、これらの大型機器等の設置が終了しました。 02月27日には、工事後の実験室お掃除を行ないました。 また、本体タンクの中に入れる貴重な機会ですので、状況確認および各種調査も行ないました。

今後、安全装置、環境モニタを導入し、試運転を行ないます。
(試運転の前に完成検査があります。次回のCANDLES Newsは、その報告をします。)


実験室内に設置された冷風機。2台あります。

実験室外に設置された室外機です。冷風機用が2台と、冷水機用が1台あります。排熱を効率良く行なうために、室外機上に、送風機と送風ダクトが設置されています。

冷却する実験室の隣の実験室(後室)です。冷却効率を高めるため、断熱材が吹き付けてあります。

冷却する実験室の隣の実験室(前室)です。冷却効率を高めるため、断熱材が吹き付けてあります。また、扉には、断熱板が張り付けてあります。

本体タンク内で見る光センサー(光電子増倍管)とライトパイプ。ライトパイプは角柱型で、鏡のような反射材で作られています。そこに、薄い黄土色の丸い光センサーが映って、キラキラしています。

冷却システム導入工事が終った後、実験室のお掃除を行ないました。これは、本体タンク内の床を掃除しているところ。光センサーの下になります。お掃除しているのは、本体タンク内作業初体験の学生さん。狭いので、身動きするのも大変です。

本体タンク内に入れる貴重な機会を使って、タンク内の磁場測定中。普段、人が生活していて、地磁気を気にする機会はなかなかありません。しかし、CANDLESに使用している光センサーは、地磁気で性能が左右されます。タンク内の磁場を測定して、光センサーにきちんと働いてもらうための調査を行なっています。