CANDLES

CANDLES


Double Beta Decay Experiment

FY2014

24 Mar. 2015  Finishing of the construction of the sheilding system(for the side of the main tank)

(in Japanese)
CANDLESシステムを、低バックグラウンド化するための、 鉛遮蔽システム(側面)構築が終了しました。

CANDLES本体タンクは、高さ4m、直径3mの大きさです。 このタンク側面に、10cmの厚みで鉛遮蔽材を設置します。 これだけで、約50トンの鉛が必要になります。 これを、下から順番に積み上げていきます。 このwebページに、作業の様子をアップしていますが、 順番に下から積み上がっていく様子がわかります。 (積み上げ高さが4m以上あるので、仮足場も組まれました。) 側面鉛の積み上げ作業は事故もなく、3月24日には作業をひと段落することができました。

なお、この作業中には、 鉛積み上げ作業、鉛置場の確保などで、神岡施設を使用する他の実験グループの方 の協力がありました。 どうもありがとうございました。


鉛運搬の様子。1パレットが約1トンあります。正面奥に見えているのが、CANDLES本体タンク。これは、まだ高さ1mぐらいしか鉛が積まれていない状態。

CANDLES本体タンクの周りには足場(写真一番上の部分)がありますが、その少し下まで鉛が積み上がりました。鉛を積むための足場(写真真ん中あたり)も、取り付けられています。

高さ4mのCANDLES本体タンクの周りに鉛を積むため、鉛をクレーンであげています。

CANDLES本体タンクの周りの足場の高さまで鉛が積み上がりました。

ちなみに、今回の作業では大量の鉛を使用するため、鉛業者から運ばれた鉛は、一旦、神岡抗内に仮り置きされていました。置き場は、CANDLESグループのスペースだけでは足りなかったので、他の実験グループエリアも借りました。写真は、KamLANDさんに鉛置場用として貸してもらっていた場所。この時点で、ほとんどの鉛はCANDLES実験室に運び終ったので、この写真にはあまり鉛が写っていません。

CANDLES本体タンクの周りの足場の上部分。これで、CANDLES本体タンク側面の鉛は、ほぼ積み終りです。

CANDLES本体タンク全体写真。上まで鉛を積み終りました。