トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Publications/2021

Last-modified: 2021-06-19 (土) 17:08:24 (5d)
Top / Publications / 2021

目次

FY 2021 / 2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011

原著論文

査読付き学術論文

  1. Systematic study on the role of various higher-order processes in the breakup of weakly-bound projectiles
    J. Singh, T. Matsumoto, and K. Ogata
    to appear in Progress of Theoretical and Experimental Physics.
    [arXiv:2005.05605]
  2. First spectroscopic study of 63V at the N=40 island of inversion
    Z. Elekes et al.,
    Physical Review C 103, 064308 (2021).
  3. Deuteron breakup effect on deuteron-Xi correlation unction
    K. Ogata, T. Fukui, Y. Kamiya, and A. Ohnishi
    to appear in Physical Review C.
    [arXiv:2103.00100]
  4. Manifestation of the divergence between antisymmetrized-molecular-dynamics and container pictures of 9Be via 9Be(p,pn)8Be knockout reaction
    N. T. T. Phuc, M. Lyu, Y. Chiba, and K. Ogata
    to appear in Physics Letters B.
    [arXiv:2005.04582]

投稿中の論文

  1. Quantum mechanical description of excitation energy distribution of the reaction residue in nucleon-induced inclusive one-nucleon knockout reactions
    K. Ogata
    submitted to Physical Review C.
    [arXiv:1801.09994]
  2. Reexamination of microscopic optical potentials based on multiple scattering theory
    K. Minomo. K. Washiyama, and K. Ogata
    submitted to Physical Review C.
    [arXiv:1712.10121]
  3. Correspondence between α inelastic cross sections off 24Mg and isoscalar monopole strengths
    K. Ogata, Y. Chiba, and Y. Sakuragi
    submitted to Progress of Theoretical and Experimental Physics.
    [arXiv:2001.09627]
  4. Three-body description of 9C: Role of low-lying resonances in breakup reactions
    J. Singh, T. Matsumoto, T. Fukui, and K. Ogata
    submitted to Physical Review C.
    [arXiv:2103.09511]

講義等

  • 原子核反応論
    大学院講義, 2021年度春夏学期開講

学会・研究会等の組織・運営

  1. RCNP研究会「Cluster phenomena in knockout and astrophysical reactions」
    世話人
    2021年度 オンラインにて実施予定

日本学術振興会特別研究員の受入・海外研究者の招聘など

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤教員等

  • 大阪市立大学 准教授(クロスアポイントメント) (2023年3月31日まで)
  • 独立行政法人理化学研究所 理研仁科センター 上坂スピン・アイソスピン研究室 客員研究員(2023年3月31日まで)
  • 核理論委員(2023年3月31日まで)

外部資金

  • 科学研究費補助金 特別推進研究(2021年度-2025年度)
    「核物質内クラスター生成機構の総合的解明」
    分担 (研究代表者: 上坂友洋[理研仁科センター])
  • 科学研究費補助金 新学術領域研究 公募研究 (2021年度-2022年度)
    「ノックアウト反応の正確な描述に基づく核内重陽子・ダイニュートロンクラスターの実証」
    代表
  • 科学研究費補助金 基盤研究(A) (2021年度-2025年度)
    「不安定核反応でさぐる高運動量の近接核子対の研究」
    分担 (研究代表者: 中村隆司[東工大])
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) (2020年度-2022年度)
    「環境を包有する量子反応理論に基づく宇宙元素合成反応の描述」
    代表