トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Publications/2012

Last-modified: 2020-04-14 (火) 09:37:26 (224d)
Top / Publications / 2012

目次

FY 2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011

原著論文

査読付き学術論文

  1. Deformation of Ne isotopes in the region of the island of inversion
    Takenori Sumi, Kosho Minomo, Shingo Tagami, Masaaki Kimura, Takuma Matsumoto, Kazuyuki Ogata, Yoshifumi R. Shimizu, and Masanobu Yahiro
    Physical Review C 85, 064613 (2012).
  2. The continuum discretized coupled-channels method and its applications
    M. Yahiro, K. Ogata, T. Matsumoto, and K. Minomo
    Progress of Theoretical and Experimental Physics, 01A206 (2012).
  3. Determination of the 8B(p,gamma)9C reaction rate from 9C breakup
    T. Fukui, K. Ogata, K. Minomo, and M. Yahiro
    Physical Review C 86, 022801(R) (2012).
  4. Effects of four-body breakup on 6Li elastic scattering near the Coulomb barrier
    S. Watanabe, T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, and M. Yahiro
    Physical Review C 86, 031601(R) (2012).
  5. Self-consistent microscopic description of neutron scattering by 16O based on the continuum particle-vibration coupling method
    K. Mizuyama and K. Ogata
    Physical Review C 86, 041603(R) (2012).
  6. Systematic analysis of nucleon scattering from 6,7Li with the continuum discretized coupled channels method
    H. Guo, Y. Watanabe, T. Matsumoto, K. Ogata, and M. Yahiro
    Physical Review C 87, 024610 (2013).

査読付き国際会議論文

  1. Recent development of CDCC and future
    K. Ogata
    Progress of Theoretical Physics Supplement 196, 203 (2012).
  2. Deformation effect on reaction cross sections for neutron-rich Ne-isotopes
    K. Minomo, S. Watanabe, T. Sumi, M. Kimura, K. Ogata, Y. R. Shimizu, and M. Yahiro, Progress of Theoretical Physics Supplement 196, 358 (2012).
  3. Eikonal reaction theory for one- and two-neutron removal reactions
    Kosho Minomo, Takuma Matsumoto, Kazuyuki Ogata, and Masanobu Yahiro
    Few-Body Syst (DOI: 10.1007/s00601-012-0517-9).
  4. Determination of 8B(p,γ)9C Reaction Rate from 9C Breakup
    T. Fukui, K. Ogata, K. Minomo, M. Yahiro
    Few-Body Syst (DOI: 10.1007/s00601-012-0580-2).
  5. Four-body CDCC analysis for breakup reactions of three-body projectiles
    T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, M. Yahiro, and K. Kato
    Few-Body Syst (DOI: 10.1007/s00601-012-0579-8).
  6. Non-resonant Triple-α Reaction Rate at Low Temperature
    A. Tamii, N. Aoi, H. Fujita, Y. Fujita, K. Hatanaka, T. Hashimoto, T. Kawabata, K. Miki, M. Itoh, T. Itoh, M. Kamimura, K. Ogata, H. J. Ong, H. Sakaguchi, T. Shima, T. Suzuki, and T. Yamamoto
    Few-Body Syst (DOI: 10.1007/s00601-013-0697-y).
  7. Study of the tensor correlation in 4He via the 4He(p, dp)d and 4He(p, dp)pn reactions
    K. Miki, A. Tamii, N. Aoi, T. Fukui, T. Hashimoto, K. Hatanaka, T. Ito, T. Kawabata, H. Matsubara, K. Ogata, H. J. Ong, H. Sakaguchi, S. Sakaguchi, T. Suzuki, J. Tanaka, I. Tanihata, and T. Uesaka,
    Few-Body Syst. (DOI: 10.1007/s00601-013-0611-7).

査読なし学術論文(会議録・解説記事・紀要など)

  1. Breakup of 22C studied by CDCC with Cluster-Orbital Shell-Model wave functions
    K. Ogata, T. Myo, T. Furumoto, T. Matsumoto, M. Yahiro
    Proceedings of the 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012, CERN-Proceedings-2012-002, 211-216 (2012).
  2. Microscopic approach to the scattering of unstable nuclei at intermediate incident energies
    M. Yahiro, K. Ogata, T. Matsumoto, and K. Minomo
    Proceedings of the 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012, CERN-Proceedings-2012-002, 45-52 (2012).
  3. Eikonal reaction theory for neutron removal reactions
    K. Minomo, T. Matsumoto, K. Ogata, M. Yahiro
    Proceedings of the 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012, CERN-Proceedings-2012-002, 61-66 (2012).
  4. CDCC analysis for breakup of three-body projectiles
    T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, M. Yahiro, K. Kato
    Proceedings of the 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012, CERN-Proceedings-2012-002, 205-210 (2012).
  5. Comparison of breakup processes of 6He and 6Li with four-body CDCC
    S. Watanabe, T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, M. Yahiro
    Proceedings of the 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012, CERN-Proceedings-2012-002, 217-222 (2012).
  6. Determination of 8B(p,γ)9C reaction rate from 9C breakup
    T. Fukui, K. Ogata, K. Minomo, M. Yahiro
    Proceedings of the 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012, CERN-Proceedings-2012-002, 199-204 (2012).

研究発表

国際会議における口頭発表

  1. Breakup of 22C studied by CDCC with Cluster-Orbital Shell-Model wave functions
    K. Ogata, T. Myo, T. Furumoto, T. Matsumoto, M. Yahiro, 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON NUCLEAR REACTION MECHANISMS, Villa Monastero, Varenna, Italy, June 11-15, 2012.
  2. Triune Nuclear Physics: recent achievement and future perspective
    K. Ogata
    RCNP One-day workshop on Breakup dynamics of unstable nuclei, RCNP, Osaka University, July 12, 2012.
  3. Interplay between the 2nd 0+ resonance and the nonresonant continuum of the drip-line two-neutron halo nucleus 22C
    K. Ogata, T. Myo, T. Furumoto, T. Matsumoto, and M. Yahiro
    The Third International Symposium on Frontiers in Nuclear Physics - Use of RI beams for study of reaction mechanisms and coupling between bound and continuum states, Beihang University, November 1-3, 2012.
  4. The Continuum-Discretized Coupled-Channels methods
    K. Ogata, T. Matsumoto, K. Minomo, T. Fukui, and M. Yahiro
    ESNT workshop on Nuclear pair correlations proved via proton-induced transfer and knock-out reactions, SPhN, CEA/Saclay, France, February 6-8, 2013.
  5. Status of breakup reaction theory
    K. Ogata, T. Myo, T. Furumoto, T. Matsumoto, K. Minomo, T. Fukui, K. Mizuyama, Y. Kikuchi, P. Capel, and M. Yahiro
    ESNT workshop on Nuclear pair correlations proved via proton-induced transfer and knock-out reactions, SPhN, CEA/Saclay, France, February 6-8, 2013.

国内研究会等における口頭発表

  1. 分解反応と動的Fano効果
    緒方一介, 明孝之, 古本猛憲, 松本琢磨, 八尋正信
    RCNP研究会「原子核の閾値近傍における共鳴現象と反応ダイナミクス」, 2012年7月18日-20日, 大阪大学核物理研究センター
  2. COSM-CDCC法を用いた22C分解反応の記述
    緒方一介, 明孝之, 古本猛憲, 松本琢磨, 八尋正信
    日本物理学会 2012年秋季大会, 2012年9月11日-14日, 京都産業大学
  3. 核反応と元素合成
    緒方一介
    日本物理学会 2012年秋季大会 シンポジウム「原子核における弱電相互作用と元素合成」, 2012年9月11日-14日, 京都産業大学
    (依頼講演)
  4. 趣旨説明: 微視的核反応論の最前線
    緒方一介
    日本物理学会 第68回年次大会 シンポジウム「微視的核反応論の最前線」, 2013年3月26-29日, 広島大学

セミナーにおける口頭発表

  1. Some New Aspects of Reaction Theory with Eikonal Approximation
    RCNP theory group informal seminar, 2013年02月21日, 大阪大学核物理研究センター

講義等

  • 原子核反応論
    大学院講義, 2012年度前期開講
  • アイコナール反応理論の新展開
    集中講義, 2012年11月15-16日, 京都大学基礎物理学研究所

学術論文等の審査

  • 外国語雑誌査読論文数: 2
  • 国際会議論文審査数 : 6
  • 日本語雑誌査読論文数: 0

博士学位論文調査委員

  1. Huiyoung Ryu
    Photoproduction of multi-kaons in an effective Lagrangian approach
    副査
    2013年2月, 大阪大学大学院理学研究科
  2. 堀井香織
    Nuclear structure with bare nucleon-nucleon interaction in Tensor optimized few-body model
    副査
    2013年2月, 大阪大学大学院理学研究科

学会・研究会等の組織・運営

  1. RCNP one-day workshop on Breakup dynamics of unstable nuclei [国際ワークショップ]
    世話人
    2012年7月12日
    開催場所: 大阪大学核物理研究センター
  2. RCNP研究会「原子核の閾値近傍における共鳴現象と反応ダイナミクス」[国内研究会]
    世話人
    2012年7月18日-2012年7月20日
    開催場所: 大阪大学核物理研究センター
  3. 日本物理学会 2012年秋季大会
    座長
    2012年9月11-14日
    開催場所: 京都産業大学
  4. 8th Japan-China Joint Nuclear Physics Symposium [国際研究会]
    世話人
    2012年10月15-19日
    開催場所: Beijing International Convention Center (BICC), Beijing, China
  5. one-day workshop on Ab initio study of nuclear structure and reaction [国際ワークショップ]
    世話人
    2012年12月11日
    開催場所: 大阪大学銀杏会館
  6. 国際モレキュール「不安定核における弱結合・強結合の共存とそのダイナミクス」
    研究代表者
    2013年3月4-22日
    開催場所: 京都大学基礎物理学研究所
    備考: SevillaのA. Moro氏をコアとする共同研究促進のための会合
  7. 日本物理学会 第68回年次大会
    理論核物理・実験核物理合同シンポジウム「微視的核反応論の最前線」
    提案および座長
    2013年3月26-29日
    開催場所: 広島大学

日本学術振興会特別研究員の受入・海外研究者の招聘など

  • 福井 徳朗
    「質量数100以下の原子核による速い陽子捕獲過程の系統的記述」
    (日本学術振興会, DC1, 平成24年度採用)
  • Pierre Capel (Universite Libre de Bruxelles)
    滞在期間: 2012年6月25日-2012年7月13日
    滞在目的: 動的アイコナール模型と離散化チャネル結合法の関係の解明
    (外国人若手研究者支援プログラムによる招聘)

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤教員等

  • 京都大学 基礎物理学研究所 共同利用運営委員(2011年1月-2012年12月)
  • 独立行政法人理化学研究所 理研仁科センター 客員研究員(2013年3月31日まで)
  • 日本原子力研究開発機構 研究嘱託(2013年3月31日まで)
  • 大阪大学核物理研究センター 研究計画検討専門委員会(P-PAC)委員(2013年3月31日まで)
  • 大阪大学核物理研究センター サイクロトロン実験課題採択委員会(B-PAC)委員(2013年3月31日まで)
  • 日本物理学会 理論核物理領域運営委員(2012年10月-2013年9月)
  • 京都大学 基礎物理学研究所 非常勤講師(2012年11月-2013年3月)
  • 京都大学 基礎物理学研究所 共同利用運営委員(2013年1月-2014年12月) [再任]

外部資金

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) (2010年度-2012年度)
    「3粒子融合反応に基づく宇宙元素合成の新しい理解」
    代表
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) (2010年度-2012年度)
    「分解反応過程を考慮した核融合中性子及び重陽子核反応断面積計算コードシステム開発」
    分担 (代表: 渡辺幸信 [九州大学])

受賞

  • 日本原子力学会 核データ部会 学術賞
    「代理反応の理論的研究」
    千葉敏, 岩本修, 西尾勝久, 橋本慎太郎, 有友嘉宏, 緒方一介