トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Publications/2015

Last-modified: 2020-04-14 (火) 09:37:59 (224d)
Top / Publications / 2015

目次

FY 2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011

原著論文

査読付き学術論文

  1. Microscopic calculations based on chiral two- and three-nucleon forces for proton- and 4He-nucleus scattering
    M. Toyokawa, M. Yahiro, T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, and M. Kohno
    Phys. Rev. C 92, 024618 (2015).
  2. Asymmetry of the parallel momentum distribution of (p,pN) reaction residues
    K. Ogata, K. Yoshida, and K. Minomo
    Phys. Rev. C 92, 034616 (2015).
  3. Four-body dynamics in 6Li elastic scattering
    S. Watanabe, T. Matsumoto, K. Ogata, and M. Yahiro
    Phys. Rev. C 92, 044611 (2015).
  4. Microscopic coupled-channels calculations of nucleus-nucleus scattering including chiral three-nucleon-force effects
    K. Minomo, M. Kohno, and K. Ogata
    Phys. Rev. C 93, 014607 (2016).
  5. Probing surface distributions of alpha clusters in 20Ne via alpha-transfer reaction
    T. Fukui, Y. Taniguchi, T. Suhara, Y. Kanada-En'yo, and K. Ogata
    Phys. Rev. C 93, 034606 (2016).

投稿中の論文

  1. Analysis of nucleon and triton production processes in nucleon-induced reaction on 7Li
    H. Guo, Y. Watanabe, T. Matsumoto, K. Nagaoka, K. Ogata, and M. Yahiro
    submitted to Physical Review C.
  2. Asymmetry Dependence of Reduction Factors from Single Nucleon Knockout of 30Ne at 230 MeV/nucleon
    J. Lee, H. Liu, P. Doornenbal1, M. Kimura, K, Minomo, K. Ogata, Y. Utsuno, N. Aoi, K. Li, M. Matsushita, H. Scheit, D. Steppenbeck, S. Takeuchi, H. Wang, H. Baba, E. Ideguchi, N. Kobayashi, Y. Kondo, S. Michimasa, T. Motobayashi H. Sakurai, M. Takechi, Y. Togano
    submitted to Progress od theoretical and Experimental Physics.
  3. Consistency between the monopole strength of the Hoyle state determined by structural calculation and that extracted from reaction observables
    K. Minomo and K. Ogata
    submitted to Physical Review C.
  4. Investigating the alpha-clustering on the surface of 120Sn via (p,p alpha) reaction and the validity of the factorization approximation
    K. Yoshida, K. Minomo, and K. Ogata
    submitted to Physical Review C.
  5. How to determine a dineutron correlation in Borromean nuclei via a quasi-free knockout (p,pn) reaction?
    Y. Kikuchi, K. Ogata, Y. Kubota, M. Sasano, and T. Uesaka
    submitted to Physical Review C.

査読付き国際会議論文

  1. Development of a calculation code system for evaluation of deuteron nuclear data
    S. Nakayama, S. Araki, Y. Watanabe, O. Iwamoto, and K. Ogata
    Energy Procedia 71, 219 (2015)
    [Proceedings of the Fourth International Symposium on Innovative Nuclear Energy Systems (INES-4)].
  2. Dynamical Studies of the Formation and Decay of Particle-Unbound States
    K. Ogata, Y. Kikuchi, T. Myo, K. Minomo, T. Matsumoto, and M. Yahiro
    JPS Conf. Proc. 6, 010013 (2015)
    [Proceedings of ARIS2014].
  3. Extending the Eikonal Approximation to Low Energy
    P. Capel, T. Fukui, and K. Ogata
    JPS Conf. Proc. 6, 020037 (2015)
    [Proceedings of ARIS2014].
  4. Breakup and finite-range effects on the 8B(d,n)9C reaction
    T. Fukui, K. Ogata, and M. Yahiro
    JPS Conf. Proc. 6, 030060 (2015)
    [Proceedings of ARIS2014].
  5. Systematic Analysis for Distribution of Extra Neutrons and Core in Halo Nucleus
    T. Matsumoto, S. Sasabe, K. Minomo, N. Furutachi, K. Ogata, M. Yahiro
    JPS Conf. Proc. 6, 030088 (2015)
    [Proceedings of ARIS2014].
  6. Extracting the Electric Dipole Breakup Cross Section of One-Neutron Halo Nuclei from Inclusive Breakup Observables
    K. Yoshida, T. Fukui, K. Minomo, K. Ogata
    JPS Conf. Proc. 6, 030092 (2015)
    [Proceedings of ARIS2014].
  7. Effect of Tensor Interactions in 16O Studied via (p,d) Reaction
    H. J. Ong, I. Tanihata, A. Tamii, T. Myo, K. Ogata, M. Fukuda, K. Hirota, K. Ikeda, D. Ishikawa, T. Kawabata H. Matsubara, K. Matsuta, M. Mihara, T. Naito, D. Nishimura, Y. Ogawa, A. Ozawa, D.Y. Pang, H. Sakaguchi, K. Sekiguchi, T. Suzuki, M. Taniguchi, M. Takashina, H. Toki, Y. Yasuda, M. Yosoi, J. Zenihiro
    JPS Conf. Proc. 6, 030076 (2015)
    [Proceedings of ARIS2014].
  8. New probe to Ml strengths in GDR region for supernova neutrino interactions
    T. Hayakawa, S. Miyamoto, T. Mochizuki, K. Horikawa, S. Amano, K. Imazaki, D. Li, Y. Izawa, S. Chiba, K. Ogata
    J. Phys. Conf. Ser. 590, 012003 (2015)
    [Proceedings of the NUBA Conference Series 1: Nuclear Physics and Astrophysics].
  9. Four- and three-body channel coupling effects on 6Li elastic scattering with CDCC
    S. Watanabe, T. Matsumoto, K. Minomo, K. Ogata, and M. Yahiro
    EPJ Web of Conferences 113, 06007 (2016)
    [Proceedings of FB21].

査読なし学術論文(会議録・解説記事・紀要など)

研究発表

国際会議における口頭発表

  1. Probing nuclear correlations via (p,pX) reactions
    K. Ogata, K. Yoshida, K. Minomo, and M. Kohno
    The 2nd International Workshop of Neutron-Proton Correlations, The University of Hong Kong, July 6-9, 2015.
    (招待講演)
  2. Microscopic effective reaction theory for direct nuclear reactions
    K. Ogata, K. Minomo, M. Toyokawa, M. Kohno, T. Matsumoto, M. Yahiro, Y. Kikuchi, T. Fukui, K. Yoshida, K. Mizuyama
    The 5th International Workshop on Compound-Nuclear Reactions and Related Topics, Tokyo Tech, Oct. 19-23, 2015.
    (招待講演)
  3. Nuclear reaction studies with RI-beams
    K. Ogata
    Physics with Fragment Separators -25th Anniversary of RIKEN-Projectile Fragment Separator-, Shonan Village Center, Dec. 5-7, 2015.
    (招待講演)

国内研究会等における口頭発表

  1. 重陽子を用いた原子核のスキン厚の決定
    緒方一介
    RCNP研究会「全反応断面積及び荷電変化断面積による陽子・中性子半径研究の現状と展望」, 2016年1月12日-13日, 大阪大学核物理研究センター

セミナーにおける口頭発表

  1. 量子散乱理論への招待 ―見えない世界をどう描くか?―
    第929回九大原子核セミナー(特別編)
    九州大学伊都キャンパス, 2016年2月23日

講義等

  • 原子核反応論
    大学院講義, 2015年度前期開講
  • 離散化チャネル結合法を軸とする原子核反応研究の進展と応用
    (自主)特別講義, 2016年3月2-3日, 大阪大学核物理研究センター

学術論文等の審査

  • 外国語雑誌査読論文数: 2
  • 国際会議論文審査数 : 112
  • 日本語雑誌査読論文数: 0

博士学位論文調査委員

  1. Sangho Kim
    Reaction dynamics of strange and charm hadron productions
    (ストレンジ及びチャームハドロン生成反応の動力学)
    2015年8月, 大阪大学大学院理学研究科

学会・研究会等の組織・運営

  1. RIBF User Group Meeting 2015
    Local Organizer
    2015年9月3日-4日
    開催場所: 理化学研究所仁科加速器研究センター
  2. The 9th Japan-China Joint Nuclear Physics Symposium (JCNP2015)
    Organizing Committee
    2015年11月8日-12日
    開催場所: 大阪大学銀杏会館
  3. KEK理論センター研究会「原子核・ハドロン物理の理論的課題と将来」
    世話人
    開催場所: 高エネルギー加速器研究機構研究本館小林ホール 2015年11月24-26日
  4. RCNP研究会「全反応断面積及び荷電変化断面積による陽子・中性子半径研究 の現状と展望」
    世話人
    開催場所: 大阪大学核物理研究センター
    2016年1月

日本学術振興会特別研究員の受入・海外研究者の招聘など

  • 吉田 数貴
    「核子ノックアウト反応の系統的分析で探る不安定核の独立粒子描像」
    (日本学術振興会, DC1, 平成27年度採用)
  • NEOH Yuen Sim
    (平成27年度 大学推薦による国費外国人留学生プログラム)

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤教員等

  • 独立行政法人理化学研究所 理研仁科センター User Executive Committee Vice Chair (2017年3月31日まで)
  • 独立行政法人理化学研究所 理研仁科センター 上坂スピン・アイソスピン研究室 客員研究員(2017年3月31日まで)
  • 独立行政法人理化学研究所 理研仁科センター 理論研究推進会議(議長)
  • 独立行政法人理化学研究所 理研仁科センター RIBF NP-PAC 委員(2017年3月31日まで)
  • 大阪大学核物理研究センター 研究計画検討専門委員会(P-PAC)委員(2017年3月31日まで)

外部資金

  • 内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
    「核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化」(2014年度10月~2016年度)
    プロジェクト3: 反応理論モデルとシミュレーション(核反応理論による標準モデルの構築)
    研究開発責任者(プログラムマネージャー: 藤田玲子[JST/東芝])
  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) (2013年度-2015年度)
    「非束縛原子核の存在形態と崩壊様式に対する動力学的研究」
    代表
  • 科学研究費補助金 基盤研究(B) (2017年度-2019年度)
    「直線偏光ガンマ線で生成された中性子非対称性測定による新しいプローブ」
    分担 (代表: 早川岳人 [日本原子力研究開発機構])

受賞