Top 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024
 2024年度
 浜通り環境放射線研修

Top 研修内容 事前講義 実地研修 成果発表会 研修資料(内部用) サンプリング 地図 参考文献 写真 写真(内部用) 教員紹介 リンク


事前講義


日時: 6月 15日 : 9時30分~18時
6月 22日 : 9時30分~17時35分
7月 6日 : 9時30分~17時40分
会場: 豊中キャンパス・豊中総合学館3F 301室
 測定実習 : RIセンター(セミナー室)
  【会場への地図】
Zoom配信・オンデマンド聴講のリンクはこちら
 
事前講義スケジュール印刷用
       
ここからダウンロードしたスライドや資料は個人的な使用に限って下さい。 二次利用する場合は著者に断って下さい。

■ 6月15日 
09:30 事前講義概要 / 研修の趣旨(30分) 青井考(大阪大学・核物理研究センター)    
10:00 休憩(5分)    
10:05 身の回りの放射線 / 放射線と化学(75分) 齊藤敬 (尚絅学院大学・総合人間科学部)    
11:20 休憩(10分)  
11:30 放射線の物理①(60分) 青井考(大阪大学・核物理研究センター)      
12:30 昼食(50分)
13:20 Mattermostの登録について. 他(10分) 吉田裕介(大阪大学・核物理研究センター)    
13:30 放射線測定講義(60分) 住浜水季(岐阜大学・教育学部)
吉田裕介(大阪大学・核物理研究センター)
   
14:30 休憩(10分)      
14:40 避難と帰還、除染と最終処分(60分) 村上道夫(大阪大学・CiDER)  ※PW:HP用と同じ    
15:40 もぐもぐたいむ      
15:40 移動と実習(140分)
(A)(B)自己紹介と研修地の紹介
(C)測定・RIセンターに移動
各担当教員・チューター  
18:00 解散

■ 6月22日 
09:30 放射線の生物影響とそのメカニズム(75分) 中島裕夫(大阪大学・核物理研究センター/放射線科学基盤機構)    
10:45 休憩(10分)    
10:55 社会の中の放射線(60分) 中村征樹 (大阪大学・全学教育推進機構)      
11:55 休憩(10分)    
12:05 がんと放射線(60分) 中川恵一(東京大学・医学部附属病院放射線科)      
13:05 昼食(50分)
13:55 現地までの移動と集合解散・キャンセルポリシーについて
(10分)
伊藤佳奈子(大阪大学・核物理研究センター)      
14:05 復興の方向性:母子保健に注目して(20分) 後藤あや(ハーバード公衆衛生大学院・福島県立医科大学)    
14:25 休憩(10分)      
14:35 議論の準備(40分) 議論班チューター
村上道夫(大阪大学・CiDER)
   
15:15 もぐもぐたいむ    
15:15 移動と実習(140分)
(A)測定・RIセンターに移動
(B)議論
(C)自己紹介・研修地紹介
各担当教員・チューター    
17:35 解散

■ 7月6日 
09:30 放射線の物理②(60分) 青井考(大阪大学・核物理研究センター)    
10:30 休憩(5分)      
10:35 原子力規制人材育成事業(CREPE)について(10分) 岡田美智雄(大阪大学・放射線科学基盤機構)    
10:45 休憩(10分)      
10:55 福島県紹介(30分) 藤田義行(福島県庁・大阪事務所長)    
11:25 休憩(10分)      
11:35 浜通り地域等の産業基盤を構築する国家プロジェクト
『福島イノベーション・コースト構想』とは(30分)
  ~福島イノベ構想に係る若者に期待すること~
飯田喜之(福島イノベーション・コースト構想推進機構
教育・人材育成部)
   
12:05 昼食(50分)      
12:55 1F見学に関わる提出書類記入の注意点(10分) 晴氣菜穂子(大阪大学・核物理研究センター)    
13:05 安全管理(15分) 高橋賢臣(大阪大学・安全衛生管理部)    
13:20 試料採取講義・実演(75分) 高橋賢臣(大阪大学・安全衛生管理部)    
14:35 もぐもぐたいむ    
14:35 移動と実習(140分)
(A)議論
(B)測定・RIセンターに移動
(C)議論
各担当教員・チューター    
16:55 議論のまとめ(45分) 議論班チューター
村上道夫(大阪大学・CiDER)
   
17:40 解散

〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘10-1

©2015 Research Center for Nuclear Physics, Osaka University