ようこそRCNP理論部へ!

GroupPhoto170509.jpg

What's new

  • メンバーの写真を更新しました。(2016-05-14)
  • 保坂氏らの研究論文が学術雑誌Physical Review Dに掲載決定しました。(2017-05-10)
    [題目] Decay properties of P-wave charmed baryons from light-cone QCD sum rules
  • 研究室OBの酒井氏、保坂氏、永廣氏の研究論文が学術雑誌Physical Review Cに掲載決定しました。(2017-04-18)
    [題目] Effect of the final state interaction of η 'N on the η ’ photoproduction off the nucleon
  • 保坂氏らの研究論文が学術雑誌Progress of Particle and Nuclear Physicsに掲載決定しました。(2017-04-18)
    [題目] Heavy hadrons in nuclear matter
  • 茶園氏、吉田氏、緒方氏の研究論文が学術雑誌Physical Review Cに掲載決定しました。(2017-04-12)
    [題目] Examination of the adiabatic approximation for (d,p) reactions
  • 杉浦氏、石井氏、岡氏の研究論文が学術雑誌Physical Review Dに掲載決定しました。(2017-04-11)
    [題目] Derivative expansion of wave function equivalent potentials
  • メンバーリストを更新しました。(2017-04-05)
  • 緒方氏の著書『量子散乱理論への招待』が共立出版より刊行されました。(2017-03-27)
  • 過去のニュース

研究室概要

私達のグループでは、クォークから原子核ができあがるミクロな世界の現象から、星の一生というマクロな現象までを、「量子色力学に立脚した原子核」をキーワードに研究しています。最もミクロなスケールでは、クォークが閉じ込められカイラル対称性が自発的に破れることで陽子・中性子などのハドロンができる仕組みを調べています。そして陽子や中性子が、湯川博士のパイ中間子を鍵として、多種多様な原子核を形づくる様子を普遍的に理解しようと試みています。さらにこれらを基盤に、精密な原子核反応理論によって宇宙の元素組成を記述し、銀河から私たちが如何に生まれてきたかを解き明かそうとしています。私たちはこれらの課題に、京コンピュータによる数値解析も含め、様々な理論的手法を駆使して取り組んでいます。さらに実験研究との連携を重視し、核物理研究センターのサイクロトロン加速器や、SPring-8のレーザー電子光施設、さらに理研RIBF、J-PARC等で活動するグループと協力して研究を進めています。

RCNP-FIG-ver4-jp.png
  • より詳細な研究内容については研究内容をご覧ください。
  • また、核物理研究センター理論部では、意欲ある学生の受け入れを積極的に行っています。大学院受験のための研究室訪問など、気軽にお問い合わせください。

スーパーコンピュータの共同利用について

大阪大学サイバーメディアセンターに設置されている最新型のベクトル型スーパーコンピュータNEC SX-ACEを、核物理研究センターを通して利用する事が出来ます。次のページに従って、利用申請をしてください。
http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/Divisions/CN/computer/super/apply.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-14 (日) 21:26:15 (9d)